物件選びのコツ

賃貸物件を福岡でお探しの方はこちらの不動産へ【福岡のお部屋コレクション】
賃貸住宅おさがしなら名古屋まで|スタイルプラス
空室対策でしっかりと管理しよう|アパート・マンション空室対策の参考書

家、決めてきました! 来月引っ越すことになります!
いやー、長かった! 引っ越しをしようと思い始めて、費用を貯めて、それからずいぶんと経ちました。なかなか踏ん切りがつかずずるずると半年ほど引っ越しをためらっていたのですが、この度ようやく、不動産屋に足を運んで、新しい家候補を見つけてもらい、内見して、決めて、契約まで済ませてきました。思い立ったら意外と早く引っ越しが決まるもんなんだなあと、やや感慨深い思いです。

どうしてこれまで、半年も思い悩んでいたかと言えば、それはまあもちろん、引っ越し先の物件がなかなか見つからなかったからなんです。条件としては、もちろん賃貸であること、それからマンションであること、あと、職場との距離がそれほど離れていないこと、家賃がある程度賄える範囲であることなど、色々と決めていたんですが、なかなか「コレ!」というものが見つからなかったんですよねぇ。
でも、とりあえず不動産屋行こうか、と決めて足を運んだら、あっという間にめぼしい物件が見つかり、またたく間に決まってしまいました。ほんと、これまでの長ったらしい前準備は何だったんだろうと思うくらいのスピード決定でした。

引っ越しするかどうか悩んでる、物件がなかなか見つからない、という人は、いっそのこと今すぐ不動産屋に足を運んで、選ぶところから手伝ってもらったほうが良いかも知れませんよ!

ただ、これまで一度も引っ越しをしたことがない、あるいは、引っ越しに関してほとんど何も知識がないという人の場合は、ちょっとご注意を。
引っ越しというのは、そりゃあもうけっこうなお金がかかるものです。私の場合、諸経費込めて三十万近くかかる計算になりました。それは想定内だったので問題ではないのですが、でも、三十万と言ったら決して安くない費用ですよね。
誰も、これだけの額をみすみす無駄にすることを望んだりはしないでしょう。

でも、不動産屋選びを間違えると、その三十万円ものお金を、無駄に使ってしまうことにもなりかねないのです。
こう見えて私、不動産屋でしばらくの間、働いていた経験があります。また、職場を辞した後も、その経験を活かして、色々と物件について調べたり、物件探しの方法について学んだりといった経験がありました。
だから、いざ不動産屋に足を運んで、というときでも、ある程度の事前知識があるから、まあ、言ってみれば不動産屋の口車に乗せられることなく、終始こちらのペースで話を進めることができたんです。

今回、私が希望していたとおりの賃貸マンションを、私が希望していたとおりの条件で借りることができたのも、そうした事前準備があったからだと思っています。
その理由としては、私が希望していた物件よりもちょっと高くて、確かに物は良い物件を、不動産屋が熱烈にプッシュしていたからです。あのプッシュに負けて借りていたら、家賃の負担が増え、その後の生活は苦しくなっていたことでしょう。
不動産屋は物件紹介のプロです。営業のプロです。彼らのトーク技術にまんまとはまってしまって、借りる予定ではなかった物件を借りてしまった、なんて経験、したことありませんか?
そんな経験、したくもないですよね? だったらこちらも、ある程度、事前に備えていかなければなりません。

自分が希望する物件をしっかり見つけられるかどうかは、どれだけ物件選びに情熱を傾けられるかで決まると言っても過言ではないのです!

タワーマンションの物件を大阪で探すなら|index

カテゴリー